【健康診断】コレステロールを理解して下げる/コレステロールラボ

コレステロールとは

コレステロールには悪玉(LDL)コレステロール、善玉(HDL)コレステロールの2種類のコレステロールがあることは、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

どちらのコレステロールも体内になくてはならないコレステロールですが、このバランスが崩れ、LDLコレステロールの割合が大きくなると、動脈硬化になる危険性が高くなります。

 

LDLコレステロールがまったくなければいいというわけではありません。

 

コレステロールは、血液や筋肉、骨、内臓を構成する物質のひとつで、なくてはならないものです。

 

コレステロールは肝臓でつくられていますが、食事から摂取することもでき、健康な状態ならば、コレステロールは一定に保たれますが、食事でコレステロールを多く摂りすぎてしまうと、過剰なコレステロールは血管壁に付着し、これが血管の内腔を狭くする動脈硬化の引き金となります。

 

過剰なコレステロールは、動脈硬化症や肥満、生活習慣病を引き起こしますが、逆にコレステロールが不足すると、脳出血や感染症にかかりやすい身体になってしまいます。

 

本来コレステロールは、肝臓から胆汁酸に合成され、十二指腸に行き、そこからまた肝臓に運ばれるというサイクルを繰り返しています。

 

多すぎても少なすぎても健康に問題が生じますから、コレステロールは一定に保つことが望まれます。

 

食事で摂りすぎないよう注意するとともに、運動不足にならないようにすることが必要です。

 

 

 

健康診断のコレステロール値

コレステロール値は血液検査のひとつとしておこなわれています。

 

健康診断で血液を採取する人は、コレステロール値がわかるはずですから、血中の脂質に異常がないか必ず診断結果を確認しましょう。

 

 

脂質異常には3つの種類があり、
1 高トリグリセライド血症は150r/dl以上、
2 高LDLコレステロール血症が140r/dl以上、
3 低HDLコレステロール血症が40r/dl未満です。

 

ひとつでも該当すれば、脂質異常症となります。

 

 

正常値は、
1中性脂肪が30rから149r/dl
2 LDLコレステロール値が70r/dlから140r/dl、
3 HDLコレステロール値が40r/dlから85r/dl、
4 総コレステロール値が140r/dlから219r/dl

 

 

中性脂肪やLDLコレステロールは、高いほど動脈硬化の恐れがあり、HDLコレステロールは高いほど動脈硬化を抑えますが、HDLコレステロールは低いと問題だということを、知っておきましょう。

 

調べる血液は、食後12時間経過していることが条件となっていますから、夕食は早めに摂り、朝食も抜きで血液を採取します。

 

脂質異常症と併せて、高血圧や糖尿病の検査も毎年おこなう必要があります。

 

生活習慣病は年齢が高くなるにつれて発症リスクが大きくなりますが、体質によっては若い人でも発症しますから、健康診断でチェックすることをおすすめします。

 

 


高コレステロール、脂質異常症(高脂血症)や生活習慣病を防ぐには日頃の食生活がとても大切です。
野菜、果物などの大切さはわかっているし、嫌いではないけど進んで食べるほど好きではない…
そんな方に、一度お試しして頂きたいのが有機野菜など安心食材の定期宅配です。
Oisix(おいしっくす)が提供する有機野菜の定期宅配です。
野菜の本来のおいしさをもう一度確認することで野菜が好きになり、定期宅配により定期的にご自宅に野菜が届くことにより自分で購入しなくても野菜を食べる環境になり自然と食生活が変わっていきます。
食生活の改善が生活習慣病を防ぐ唯一の方法です。
おいしい野菜で健康な身体を作りましょう